燃やしてもダイオキシンが発生しないのもポイント

透明封筒を使うメリットはいろいろありますが、透明封筒にカタログやパンフレットやダイレクトメールを入れることにより、商品やサービスの販売数や利用数を高められることが最大のメリットではないでしょうか?
透明封筒はその字の通りに透明で中身が透けて見える封筒のことで、紙封筒ではできない効果を消費者に与えることができることになります。
紙封筒に入れて販促物を配れば、中身を開封してもらえないばかりか、配布してすぐに捨てられてしまうことも多くなりますが、透明封筒であればたとえ最終的に捨てられたとしても、中身が何かを伝えることができます。

最近では透明封筒には紙類以外にも衣類や小物などいろいろ商品を入れて販売される機会も増えていますが、透明封筒に商品を入れて展示・販売すれば、わざわざサンプル品を用意しなくても商品を保護しながらアピールすることができるため、余分な経費をかけなくてもいいことになり、それが企業の利益にもつながることになります。

透明封筒を使うことは、エコにも優しいというメリットがあり、透明封筒は処分する時に燃やしてもダイオキシンが発生しないため、エコに取り組んでいる企業が進んで透明封筒を利用しています。
透明封筒にキレイな印刷をして商品の包装用の袋として使用すれば、中に入れる商品の価値も高めることができ、耐久性や防水性や防湿性に優れた透明封筒を包装用の袋に利用すれば、最後までキレイな状態で商品をお客様に届けることもできるようになります。