防湿性も高いビニール封筒

ビニール封筒はいろいろな特徴を持っていますが、やはりその一番の特徴は透明度が高く光沢があるところです。
ビニール封筒に書類やカタログやパンフレットを入れることにより、中身に何が入っているかをすぐに判別することができます。
ビニール封筒は郵送用の封筒としては適していないと思っている人も少なくはないと思いますが、確かに個人で郵便物を送る時には透明封筒を利用する機会は少ないかもしれませんが、企業がパンフレットやカタログやダイレクトメールを送る際には、好んでビニール封筒が選ばれています。

ビニール封筒は防水性が高いのも大きな特徴で、郵便物を配達している時に急に大雨が降ってきても、中身を汚すことなく届けることができます。
紙封筒の場合は雨に濡れると封筒はもちろん、程度によっては中身も汚してしまう可能性も高くなりますが、ビニール封筒であれば封筒も中身もしっかりと守ることができます。
さらにビニール封筒は防湿性も高くため、中に入れた書類などを湿気から守り、長くキレイな状態で保管しておくことができます。

ビニール封筒には商品が入れられることも多く、その場合も商品を保護しながら最後までキレイな状態で消費者に届けることができます。
ビニール封筒には紙封筒と同じように表面に印刷ができるところも大きな特徴で、中にはビニール封筒には印刷ができないと思って使用を控えている方もいるかもしれませんが、ビニール封筒には文字や絵や色も自由に入れることができるようになっています。