ダイレクトメール用としての透明封筒

透明封筒をダイレクトメール用の封筒に利用すれば、商品の売上をアップさせることができるため、今では紙封筒に代わりほとんどの企業がダイレクトメールを送る時には透明封筒を活用しています。

ダイレクトメールはそれを送った人に見てもらえなければ意味がありません。ダイレクトメールを紙封筒に入れて送れば、一見して中身を消費者に確認してもらえないため、それがダイレクトメールと分かった瞬間にそのままゴミ箱に捨てられてしまう可能性が高くなります。
開封さえしてもらえば興味を持ってもらえるかもしれないのに、中身が見えない紙封筒を利用することにより、チャンスを与えられないままゴミ箱行となってしまいます。
しかし一見して中身を判別することができる透明封筒に入れてダイレクトメールを届けることで、少しでも消費者に興味がある商品やキャッチコピーを目に触れさすことができれば開封してもらえる可能性も高くなり、開封率を高めることにより商品の購入率も高めることができます。
ダイレクトメールはまずその中身を見てもらうことが重要で、それを可能にするのが透明封筒です。

また透明封筒は紙封筒に比べて1枚当たりの単価が安く、さらに重さも軽いため、郵送コストを減らすことができるようになっていて、大量にダイレクトメールを送る企業では、大幅に経費を削減できることになります。
今でもダイレクトメールに紙封筒を利用している場合は、早めに透明封筒にシフトすることをおすすめします。